公開履歴
髪を心配している男性

AGAとは成人男子によくみられる髪が薄くなる状態のことを指し、髪の生え際や頭頂部の髪が薄くなるなど、いわゆる「男性脱毛症」の事をいいます。

代表的なAGA治療法としてはプロペシアで脱毛の進行を抑えながら毛母細胞を活性化させ、生活習慣の改善やアドバイス、また頭皮のケアをしながらの発毛環境の改善といった方法がとられています。
薬剤のみの場合もありますが、併用することによって効果の高まりを見ることができるため、医療機関によって差はあるものの多くの病院において用いられています。

AGA治療でプロペシアを用いた場合、1日に1mgの服用で男性の90%への効果が認められており特に頭頂部の薄毛の進行に高効果を見ることができます。
他の治療剤の1つであるミノキシジルの場合には51%の効果はあるものの、頭頂部にはほとんど効果がない結果もでています。

AGA治療においては、例えば、薄毛を進行させてしまう男性ホルモンDHTが原因の場合などは血行を良くする薬を服用しても高い効果を得ることができないことがあります。
通常、医療施設では問診から始まり触診が行われ、状況に対応した薬が処方されます。
行われる内容に関しては月に1度の診察と診療がほとんどで、専門に行っている医療機関では各々、特徴をもった対応をしてくれますが頭皮ケアを行っている施設も多く見ることができます。

治療期間に関しては個人差があり一概には判断することはできませんが、早い場合には半年程度で頭髪に効果が表れてきます。
数年にわたった、ある程度長い期間で治療を継続した場合にはAGAの進行が収まったという結果もでています。

費用に関しては、AGA治療は自由診療の分野となるために健康保険の適用にはならないので注意が必要となります。
診察料や薬代も含めて自己負担となるので、相場や、かかる医療施設への確認が大事なこととなります。
目安としては両方含めて、概ね1ヵ月で10,000~15,000円程度とされており、多くの医療施設でも提示されている金額となっています。

金額の他の注意点としては、医薬品であるために身体への影響に関しては考慮をする必要があります。
基本的にはプロペシアは病院でのみ処方できるものです。
インターネット経由でプロペシアのジェネリックを入手することも可能ですが、それにはで偽造品や粗悪品の場合もあります。
もし、トラブルになった場合は対処の方法が分からなくなってしまい、結果的には身体に悪影響を及ぼしてしまいますので、やはり病院で処方してもらうのが安心です。