Month: September 2019
薄毛に立ち向かえ!リアップ

薄毛に効果がある薬として販売されているもののなかには、画期的な特性を持っている薬もあります。 そうした薬の一つが大正製薬から販売されているリアップジェットです。 リアップはもともと人気のある薄毛のための治療薬でしたが、リアップジェットにはこのリアップにはない、画期的な個性があります。 それが爽快感を追求しているということです。 ただ髪の毛の抜け毛などを予防するだけでなく、使用した際の心地良さも追及して商品が開発されています。 爽快感があるだけでなく、従来のリアップと同様に薄毛に対して高い効果があることも特徴です。 リアップジェットに含まれている有効成分はミノキシジルという成分です。 ミノキシジルの大きな特徴は毛包に直接作用する効果があることです。 髪の毛には抜け落ちてまた生え変わるという一連のサイクルがありますが、ミノキシジルはこのサイクルの中の適切な時点で毛包に作用することにより、タンパク質の合成などを促進する効果があります。 また休止した状態の毛包にも働きかけることができるのも特徴です。 休止して髪の毛が生えなくなった毛包も、新しい毛が生えた状態の毛包にすることをサポートします。 さらに髪の毛が生えた状態になった毛包をさらに成長させる効果も持っています。 毛包をより深くて広い状態にすることによって、髪の毛のさらなる成長を促すことができます。 リアップジェットには現在進行している抜毛を減らすことができる効果もあります。 髪の毛の成長を助けるだけでなく、今生えている抜け毛の数を減らすことで、より効果的に薄毛の進行を予防してくれます。 継続して使用することにより、その効果をより実感できます。 リアップジェットは使用しやすいことも特徴の一つです。 頭皮に押し当てて使用するだけなので、手軽に塗ることができます。 15回噴射することで1回分に必要な量を塗ることができるので、とても便利です。 1日の使用回数は2回が目安になっています。 1回ごとに頭皮におよそ1ミリグラムずつ塗布します。 リアップジェットは使用されている容器にも画期的な特徴があります。 使用していないときはロックがかかっている状態になっているので、使用する前はまずこのロックをはずす必要があります。 この容器の画期的なところは15回噴射を完了した後に、自動的にロックがかかることです。 ですから使用するごとにいちいち噴射の回数を数えておくような手間がかかりません。

2019年09月22日
AGA治療薬にはフィナステリドやミノキシジル

AGA治療薬として有名なものとして、プロペシアがあります。 プロペシアは2005年から日本でも認可を受けているために、AGA治療を行っている皮膚科やクリニックなどを受診することで処方してもらうことができる医薬品となります。 プロペシアに含まれている成分はフィナステリドとなりますが、フィナステリドを主成分としているAGA治療薬としてはフィンペシアやフィンカー、エフペシア、プロスカーなどの種類もあります。 また、頭皮の血行を促進させる効果があることで、AGA治療薬の種類としてミノキシジルもあります。 ミノキシジルに関してもAGA治療を行っているクリニックなどで、処方してもらうことが可能です。 プロペシアは、男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンのDHTの生成を抑制させる効果があります。 フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品に該当するもので、フィナステリドの含有量がプロペシアの5倍のものとなります。 プロペシアと比較したときに、安価な価格で購入ができる錠剤となります。 ジェネリック医薬品とは先発医薬品と同じ成分や製法で作られるもので、メーカーや商品名が異なる後発医薬品のことを指します。 プロスカーはプロペシアと同じ製薬会社が作っているAGA治療薬で、プロペシアよりも1錠あたりの価格が安価です。 プロペシアは1錠が1mgですが、プロスカーは1錠あたり5mgとなります。 プロスカーを服用するときには、1錠を分割して服用を行います。 フィンカーはプロスカーのジェネリック医薬品に該当する種類のAGA治療薬で、1錠あたり5mg含まれています。 プロペシアやミノキシジル以外のAGA治療薬は日本では認められていないものとなりますので、医療機関で処方を受けることができません。 主な購入方法としては、インターネットで個人輸入代行業者が行っている通信販売を利用しての購入となります。

2019年09月06日