記事一覧
髪の薄毛の原因と細い状態になる理由

髪の毛のトラブルに悩む方は多いです。特に男性は、テストステロンという男性ホルモンが影響することで、深刻な薄毛に襲われてしまうことも少なくありません。 なぜ薄毛になってしまうのでしょうか。通常、髪の毛は毛球という場所の細胞が増えることで成長し、伸びていきます。そして通常、髪の毛は2年から6年という寿命を全うして、抜け落ちます。 ところがAGA(男性型脱毛症)の場合には、このサイクルがおかしくなり、本来はまだまだ成長しなければいけない毛が、抜けてしまいます。 すると、細い状態の毛でも抜けてしまいます。 こうして髪の毛の抜ける量が多くなり、また成長し切る前に抜ける髪の毛も増えることで、薄毛が起きてしまうのです。テストステロンという男性ホルモンが、5α-還元酵素によってジヒドロテストステロンという物質に変化します。これが脱毛の原因となってしまいます。 そこで、AGA治療薬のフィナステリドという薬が、このメカニズムに働きかけます。前述の酵素の働きを抑えるため、ジヒドロテストステロンが生成されるのを防いでくれるのです。 一方、女性の抜け毛で多いのが、びまん性脱毛症というものです。これはストレスや加齢、あるいは出産によるホルモンバランスの変化などによって起きます。 その特徴は、髪の毛が抜けるのではなく、髪の毛が細い状態になる、ということです。幸いなことに、AGAよりも治療しやすく、内服薬やサプリメントなどで効果を出すことができます。 髪の毛が細いということはボリュームが減ってしまい、若々しさを減らしてしまいます。男性も女性も、頭のトラブルが起きてしまった場合には、医療機関などを利用してみることをおすすめします。

2019年12月31日
AGAは症状の対処が治療の期間

ホルモンが薄毛を引き起こすAGAは、男性ホルモンの量よりも、信号を受け取る部分の感受性に問題があります。 血行や炎症の改善は大切ですが、AGAは脱毛の命令が薄毛を促進させるので、この信号を食い止める事が何よりも重要です。 信号が出る理由や、個人差の条件は特定されていないので、AGAの治療に必要な期間は、悩みを抱えている限りと言えます。 症状を抑えるのがAGAの主な治療ですから、毎日服用する薬の負担は、治療の継続と共に発生します。 一度AGA治療を始めれば、急に中断をするのは難しくなるので、続けて治療を行う事が大切です。 AGAの治療効果が発揮された後に、薬の使用を中止してしまえば、発揮された発毛作用が失われ、脱毛の信号は再び強まります。 つまり、根本的な治療が開発されない限りは、長い期間の継続が不可欠と考えられます。 薬の安全性は確立され、長期間の服用にも耐えられますが、経済的な負担は数年から数十年単位で発生しますし、長い服用を考える必要があります。 ただ、AGA対処の薬を飲み続ける限り、効果は持続的に得られるので、体の不調や耐性がなければ、安心して継続が行えます。 AGAの薬は、毛の成長を阻害する要因を抑える事が目的です。 弱った毛根や毛細血管は、他の方法で力を取り戻す必要がありますし、マッサージや栄養摂取を含め、相乗的に効果を発揮させる事が大切です。 特に、生え際は治療効果が出難い部位ですから、意識して細胞の活性化を促進する事が発毛に関わります。 効果が現状維持であっても、数十年の期間を継続する事が出来れば、新しい医療が開発されたり、効果的な手法が登場する可能性は高くなるので、将来に希望を繋げる対処が役立ちます。

2019年11月29日
AGAを治療する為には料金はいくら必要になるのか

AGAで悩んでいる男性というのは今も昔も多いものです。 AGAとは男性特有の脱毛症とも呼ばれている症状で、薄毛や脱毛等が進んで禿のような状態になってしまうことを指しています。 そしてAGAは男性にとっては非常に辛くてプライドを傷つけられる症状です。 なので自分がもしもAGAかもしれないと思ったのならば、すぐに適切な治療を受けるようにする必要があります。 当然治療にも様々なものがあり、どの治療を選んだ場合であっても料金がかかってきます。 一般的にAGAを治療しようと思ったならば、大体いくら位の料金が必要になるのでしょうか。 専門のクリニックに行って治療してもらう方法もありますし、一般の病院に行って治療してもらう方法もありますが、大体料金としては数千円から数万円程度で受けられることが多くなっています。 もちろん治療効果が比較的高ければ高いほど、料金もそれに伴って当然高くなってきます。 逆にそれほど劇的な治療効果を得られない場合も、もちろんそれに伴って料金も安くなっていくものであります。 しかしどのような方法で治していくにしても、それほど高額な金額がかかってくるわけでもありませんし、症状が出てきてとにかく気になって仕方がないというのであれば、やはり一日でも早めに治していった方がいいでしょう。 なのですぐにクリニックや病院等に行ってまずは診てもらい、医師等と相談しながら自分にぴったりの方法でゆっくりと治していくことが大切であります。 特に夏は露出の多い季節でありますので、当然他の季節よりも頭頂部も見られる可能性が高くなります。 見られても恥ずかしくない頭頂部にする為にも、一刻も早く自分に合ったクリニックや病院を見つけて治していきましょう。

2019年10月26日
薄毛に立ち向かえ!リアップ

薄毛に効果がある薬として販売されているもののなかには、画期的な特性を持っている薬もあります。 そうした薬の一つが大正製薬から販売されているリアップジェットです。 リアップはもともと人気のある薄毛のための治療薬でしたが、リアップジェットにはこのリアップにはない、画期的な個性があります。 それが爽快感を追求しているということです。 ただ髪の毛の抜け毛などを予防するだけでなく、使用した際の心地良さも追及して商品が開発されています。 爽快感があるだけでなく、従来のリアップと同様に薄毛に対して高い効果があることも特徴です。 リアップジェットに含まれている有効成分はミノキシジルという成分です。 ミノキシジルの大きな特徴は毛包に直接作用する効果があることです。 髪の毛には抜け落ちてまた生え変わるという一連のサイクルがありますが、ミノキシジルはこのサイクルの中の適切な時点で毛包に作用することにより、タンパク質の合成などを促進する効果があります。 また休止した状態の毛包にも働きかけることができるのも特徴です。 休止して髪の毛が生えなくなった毛包も、新しい毛が生えた状態の毛包にすることをサポートします。 さらに髪の毛が生えた状態になった毛包をさらに成長させる効果も持っています。 毛包をより深くて広い状態にすることによって、髪の毛のさらなる成長を促すことができます。 リアップジェットには現在進行している抜毛を減らすことができる効果もあります。 髪の毛の成長を助けるだけでなく、今生えている抜け毛の数を減らすことで、より効果的に薄毛の進行を予防してくれます。 継続して使用することにより、その効果をより実感できます。 リアップジェットは使用しやすいことも特徴の一つです。 頭皮に押し当てて使用するだけなので、手軽に塗ることができます。 15回噴射することで1回分に必要な量を塗ることができるので、とても便利です。 1日の使用回数は2回が目安になっています。 1回ごとに頭皮におよそ1ミリグラムずつ塗布します。 リアップジェットは使用されている容器にも画期的な特徴があります。 使用していないときはロックがかかっている状態になっているので、使用する前はまずこのロックをはずす必要があります。 この容器の画期的なところは15回噴射を完了した後に、自動的にロックがかかることです。 ですから使用するごとにいちいち噴射の回数を数えておくような手間がかかりません。

2019年09月22日
AGA治療薬にはフィナステリドやミノキシジル

AGA治療薬として有名なものとして、プロペシアがあります。 プロペシアは2005年から日本でも認可を受けているために、AGA治療を行っている皮膚科やクリニックなどを受診することで処方してもらうことができる医薬品となります。 プロペシアに含まれている成分はフィナステリドとなりますが、フィナステリドを主成分としているAGA治療薬としてはフィンペシアやフィンカー、エフペシア、プロスカーなどの種類もあります。 また、頭皮の血行を促進させる効果があることで、AGA治療薬の種類としてミノキシジルもあります。 ミノキシジルに関してもAGA治療を行っているクリニックなどで、処方してもらうことが可能です。 プロペシアは、男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンのDHTの生成を抑制させる効果があります。 フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品に該当するもので、フィナステリドの含有量がプロペシアの5倍のものとなります。 プロペシアと比較したときに、安価な価格で購入ができる錠剤となります。 ジェネリック医薬品とは先発医薬品と同じ成分や製法で作られるもので、メーカーや商品名が異なる後発医薬品のことを指します。 プロスカーはプロペシアと同じ製薬会社が作っているAGA治療薬で、プロペシアよりも1錠あたりの価格が安価です。 プロペシアは1錠が1mgですが、プロスカーは1錠あたり5mgとなります。 プロスカーを服用するときには、1錠を分割して服用を行います。 フィンカーはプロスカーのジェネリック医薬品に該当する種類のAGA治療薬で、1錠あたり5mg含まれています。 プロペシアやミノキシジル以外のAGA治療薬は日本では認められていないものとなりますので、医療機関で処方を受けることができません。 主な購入方法としては、インターネットで個人輸入代行業者が行っている通信販売を利用しての購入となります。

2019年09月06日
AGA治療薬の効き目とは

従来までは薄毛を改善させるための治療法としては、育毛剤や育毛シャンプーなどを使用するものでした。 頭皮の皮脂を取り除いたり、余分な汚れを落とす方法、血行を促進させることで毛髪の成長を促進させるものがほとんどだったと言えます。 海外では男性型脱毛症であるAGA治療が行える医薬品の販売が行われており、日本でも2005年にプロペシアが厚生労働省によって認可されています。 プロペシアに含まれているフィナステリドには、AGAの原因であるとされているDHTの生成を抑制させる働きがあるために、抜け毛や薄毛の症状の改善に効果があります。 AGA患者のうちの70%から80%の人に有効であると言われていますが、男性型脱毛症の治療薬となりますので、脱毛の原因について別の要因によって症状が引き起こされている場合には効果を得ることができません。 年齢が若い人のほうが効果が出やすいことや、薄毛の症状が現れてから5年以内の人に効果があると言われています。 DHTの生成を抑制させることができた場合であっても、頭皮の毛穴の皮脂が詰まっていることや、頭皮環境を改善させることができなければ、発毛させることが難しくなりますので、頭皮のケアをしっかりと併用して行うことが大切です。 AGA治療薬であるプロペシアの効果を得るためには、持続的に飲み続ける必要がります。 抜け毛や薄毛の改善の効果を得るためには、3か月から6か月ほどは飲み続けなければなりません。 AGA治療薬は健康保険が適用されませんので、治療を継続させるためには経済的な負担が考えられます。 AGA治療薬を使用して治療を行うかどうかは、経済的な側面も考えてから開始することがおすすめとなります。

2019年08月18日